コンブチャの菌株の入手方法

By: Brad.K

コンブチャを家庭で育ててみようと思い立ったら、紅茶キノコの菌株を手に入れる必要があります。海外セレブたちにも大人気となったコンブチャなので、海外のモデルや女優を美容のお底本とする日本女子の間では、コンブチャはとても人気が高まっています。そんなコンブチャの菌株を手に入れるためには、周囲で育てていつ人から譲り受けるのが無難な方法でしょう。

コンブチャの菌株は、わずかな量を分けてもらうことができれば、そこからは簡単に育つものなので、すでに家庭で育てている身近な人から、少しだけ分けてもらいましょう。コンブチャの菌株を育てている人が周りにいないとなったら、市販の商品であるコンブチャのドリンクをチェックして、沈殿物を見つけだします。そこから菌を育てるという、地道な方法もあります。

沈殿物より菌を育てるときには、甘い紅茶を用意して、発酵をさせて育てていきます。紅茶キノコの菌としても、非常に弱いという弱点があって、発酵の過程においてもカビが生えやすいです。カビが生えてしまうのを予防するためにも、リンゴ酢を少しだけ加えると、予防をすることになります。

日本での紅茶キノコのブームは真っただ中なので、マクロビ専門店や、諸全食品のショップで、紅茶キノコの菌株を取り扱っているショップもあります。問い合わせをしてみたり、足を運んでみてもいいでしょう。

自宅で紅茶キノコは、意外と簡単に育てることができますし、それを健康や美容にも活かせるのですから、チャレンジしてみるのもいいでしょう。プレーンタイプの紅茶のティーパックに、普通の白い砂糖を用意して、あとは紅茶キノコの菌株があれば準備ができます。

紅茶キノコは出来上がりまでには、数日間の時間が必要となります。それは温度にも左右されますので、気温によっても発酵の日数が異なるので注意です。コンブチャの発酵は、だいたい1週間から2週間の間ですが、夏の気温が高くなるシーズンは、もっと早くなります。

コンブチャと冷え性の解消

By: Carl Downing

日本人の女性の大半は、冷え性に悩まされています。男性ではあまり冷え性で悩む人の話は聞きませんが、それは男性にはる程度の筋肉量があるためです。男性と比較をしたら女性の方が、筋肉量は少ないです。筋肉量が少ないと、それだけ基礎代謝も低くなりますので、冷えの原因にもつながりやすくなります。そして、血行の悪さも、冷え性をさらに加速させてしまうのです。

最近ブームのコンブチャは、さまざまな健康への効能ももたらすといわれています。その一つとして、冷え性を解消へ導く効果が期待されているのです。コンブチャは茶色い色をした発酵食品であり、専用のドリンクとしても市販されています。

そんなコンブチャは発酵されていて、さまざまな栄養成分を含んでいます。酢酸や酵素、それにポリフェノールもたっぷりです。コンブチャはこうした栄養成分によって、冷え性を解消していく体づくりに役立たせることができます。

ポリフェノールの成分は、血小板疑集を抑制する作用があります。そのため流れる血液は、サラサラな状態にすることができます。血栓が予防できるために、動脈硬化予防にもなります。冷え性は活性酸素からの影響も大きいために、ポリフェノールの活性化酸素を除去する作用も、冷え性を撃退するために役立つこととなります。血液を改善する効果もあるのがポリフェノールの成分であり、血管も健やかな状態に改善をしてくれます。冷え性を解消するために、活性酸素の分解もしてくれるので、かなり冷え対策には効果的と言えるでしょう。

発酵して仕上がるコンブチャには、たっぷりの酢酸も含まれています。お酢の効果は健康に良い作用をもたらしてくれますが、冷え性を解消するためにも役立ちます。コンブチャにも酢酸が含まれますので、この酢の働きも、ドロドロの血液をサラサラにしてくれます。滞っていた血液が快適に流れる用になって、体内の末端までいきわたるようになりますので、冷え性解消には抜群です。

コンブチャの効果的な飲み方

By: Kjersti Magnussen

海外からの逆輸入によって注目を集めているコンブチャは、豊富な栄養素によって置き換えダイエットができる健康飲料です。菌類を発酵させることによって、酵素やポリフェノール、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが含まれていて、酸化の予防や血行を促進することで新陳代謝を向上させ、さらにデトックス作用も期待できる飲み物です。

しかし、大量に飲んでも意味はなく、1日の推奨目安量は200mlとされるので、ダイエットをするなら効果的な飲み方を考えなくてはいけません。まず飲むタイミングですが、やはり置き換えダイエットをするなら、摂取カロリーが大きくなりやすい夕食時に飲むのが一番良い方法です。しかし、食事の量も少なくなるので空腹に堪えられなくなることもあります。

どうしてもお腹が減って辛いという場合は、朝食の代わりに飲むと良いでしょう。昼食の代わりに飲むのも悪くありませんが、朝と夜で食事をすると固形物を消化するために内臓が休まらずに体の負担が大きくなって、機能改善が見込めなくなるのでなるべく内臓が休めるタイミングで飲むようにしましょう。コンブチャは何も割らずにストレートで飲むこともできますが、酸味がキツイので飲み込みにくい傾向にあります。

特にお腹が減っているときに少量だけ飲んでも満足感がないので、何らかの飲み物で割って飲むのが良いでしょう。香りを楽しみたいという人は紅茶と割ってみるのも良いですし、腹持ちさせたいという人はヨーグルトで割ってみるのもひとつの方法です。また、牛乳で割るとフルーツ牛乳のようなおいしさ、炭酸水で割ると口当たりが良く飲みやすくなります。

他にも様々な飲み物で割ってみると意外と美味しいものが発見できるので、毎日の寂しい置き換えダイエットが楽しくなるかもしれません。ちなみに、コンブチャを冷やして飲むか、温めて飲むか迷う人もいますが、これはどちらであっても問題はありません。しかし、女性は冷やしすぎると代謝が悪くなるので、できれば常温か温めて飲んだ方が良いでしょう。

30代の肌の変化と実体験からの肌の変化について

By: Dafne Cholet

皆さんも心当たりがあると思われますが、やはり30代からは出産や代謝の低下から肌の輝き度が気になる方が増えると思います。私も2人の子供をもつ母として、女として、妻として、お化粧や肌の変化にはとても気をつけてきた方だとおもいます。そこで実際試した美肌への方法をいつくかご紹介します。

まずは基本的なことが一番大事。お金をかけなくても日々の努力が左右します。毎日の洗顔の後は化粧水をたっぷりと何度もつけて、さらにコットンパック。その後クリームをつけるだけでハリや毛穴が違いますよ。最近ではココナッツオイルが人気ですね。

私も使っています。オイルでクレンジングしたり、化粧水後のクリーム替わりにつかってみたり、ホットコーヒーに入れて飲んだりして、体の内側からも良質な油分を補給します。たまにはスペシャルケアも必要。お気に入りのメーカーのフェイスパックをご褒美にしてあげれば肌へのいい刺激にもなり、さらにトーンアップが期待できます。

他にも美肌への道は沢山ありますね。自宅でできるアイテムも最近では沢山販売されています。私はフォトフェイシャルの機械と、ヒアルロン酸注入の機械、超音波の機械や炭酸ミストの機械をもっています。やはりどれもよさはあり、毎日は無理でもやるとやらないとでは違いますね。そこには意識の問題が一番なのかもしれません。私はこれをやっている。大好きなこのメーカーのものを使っている。ご褒美に。というように、女性は意識のもちようで肌の輝き度がアップするように思います。

美肌を目指して迷走し、たどり着いたシンプルケア

By: Steven Depolo

現在40代前半の私ですが、今の肌のお手入れにたどり着く前までは、たくさんの化粧品とお金を使ってきました。20代の頃は今以上に肌のお手入れに関心が深く、雑誌やコマーシャル等で新製品や肌に効果的、と言ううたい文句を見聞きしたりすると、飛び付いて購入していました。

そして数ヵ月使って見て、効果が現れて来ないとまた迷走し始めて、次々に取っ替え引っ替えしていました。とにかく肌にたくさんの化粧品を使えば、美肌になれると信じていた私は、化粧水を付けて美容液、乳液に最後にクリームで肌にふたをして、さらに1日おきくらいにパックをしていました。

この、一連の自分なりのコースをしていくことで、その当時は満足していました。でもだんだん30代になるにつれ、美肌を目指してやってきた事が、裏目に出るようになってきました。肌も乾燥してきたり、吹き出物が出るようになったり、当然このような肌の状態になってくると、化粧のノリも悪くなってきました。良いと思ってしてきた事だけに、何だか落ち込んでしまいました。

そんな時、ある化粧品の広告を見る機会があって、美肌にはシンプルなお手入れが一番、と言う言葉に目が覚めて、それまでのお手入れとは真逆に、洗顔と化粧水だけのシンプルケアに変えてみました。そしたら、ボロボロだった肌状態が生き生きとしてきて、20代の頃よりも肌にツヤやハリが出てきて、冬でも乾燥しなくなりました。年を重ねると、美肌も諦めなくてはと思っていましたが、シンプルなケアで維持していけるなら続けて行きたいと思っています。

大豆イソフラボンも美肌に効果あり!ホルモンバランスを整えます

By: Dan Zen

女性らしいラインを作るのにぴったりだと言われている成分といえば大豆イソフラボンですが、実は美肌作りにも欠かせない成分だってご存知ですか?女性の肌荒れの原因は色々あるのですが、その中でもかなり厄介なのが女性ホルモンのバランスが乱れてしまう事による肌荒れなんです。

というのも、単純にケアだけでは治らないからなんですよね。例えば、こればっかりは特別なケアをしたところで改善する事はありません。それよりも、原因をしっかり把握して対策する事が必要なのです。そこで大豆イソフラボンの登場です。食事だけで必要な分を補うのは難しいので、サプリメントを利用しましょう。安価な物であればワンコインから購入する事が出来ます。私がいつもお世話になっているのは2000円程度の物ですが、三ヶ月ほど持ちますのでかなり費用としては安めですね。

もちろん、最初は食事だけで改善出来ないか挑戦してみました。しかし、豆製品がちょっと苦手なので続けるには苦しかったのです。好きな方であれば問題無いのかもしれませんが、苦手な方にとってはなかなか苦しいかと思います。

逆に飲み物なら大丈夫なので、毎朝飲んでいた牛乳は豆乳に変えました。無調整ですと液状の豆腐をそのまま飲んでいるような感じがしてダメだったのですが、調整されている物であればジュースのような感じで美味しく飲めます。苦手な方でもココアを入れてみたりコーヒーを入れてみればかなり飲みやすくなると思いますよ。