コンブチャの菌株の入手方法

By: Brad.K

コンブチャを家庭で育ててみようと思い立ったら、紅茶キノコの菌株を手に入れる必要があります。海外セレブたちにも大人気となったコンブチャなので、海外のモデルや女優を美容のお底本とする日本女子の間では、コンブチャはとても人気が高まっています。そんなコンブチャの菌株を手に入れるためには、周囲で育てていつ人から譲り受けるのが無難な方法でしょう。

コンブチャの菌株は、わずかな量を分けてもらうことができれば、そこからは簡単に育つものなので、すでに家庭で育てている身近な人から、少しだけ分けてもらいましょう。コンブチャの菌株を育てている人が周りにいないとなったら、市販の商品であるコンブチャのドリンクをチェックして、沈殿物を見つけだします。そこから菌を育てるという、地道な方法もあります。

沈殿物より菌を育てるときには、甘い紅茶を用意して、発酵をさせて育てていきます。紅茶キノコの菌としても、非常に弱いという弱点があって、発酵の過程においてもカビが生えやすいです。カビが生えてしまうのを予防するためにも、リンゴ酢を少しだけ加えると、予防をすることになります。

日本での紅茶キノコのブームは真っただ中なので、マクロビ専門店や、諸全食品のショップで、紅茶キノコの菌株を取り扱っているショップもあります。問い合わせをしてみたり、足を運んでみてもいいでしょう。

自宅で紅茶キノコは、意外と簡単に育てることができますし、それを健康や美容にも活かせるのですから、チャレンジしてみるのもいいでしょう。プレーンタイプの紅茶のティーパックに、普通の白い砂糖を用意して、あとは紅茶キノコの菌株があれば準備ができます。

紅茶キノコは出来上がりまでには、数日間の時間が必要となります。それは温度にも左右されますので、気温によっても発酵の日数が異なるので注意です。コンブチャの発酵は、だいたい1週間から2週間の間ですが、夏の気温が高くなるシーズンは、もっと早くなります。